人はなぜ精力減退をしてしまうのか?

精力剤の歴史

精力剤の歴史はたいへん古くすでに江戸時代の初期の頃からは本格的に製造されていたものと言われています。精力剤は昔ながらの動物の成分を使ったものがあり、粉にしたものを飲んでいたようです。

 

その精力剤の成分として主に使われていたのは、これも日本古来の川にすんでいたスッポンです。スッポンはミネラルが方に含まれており、人間の体内で生成できない成分が多く含まれています。また下半身に効くと呼ばれている亜鉛を豊富に含んでおり、これが下半身を元気にさせるもとだったのです。

 

もともとスッポンは病気の時に食べて精がでるものとされていましたが、これが精がでるものとして本格的に精力剤に変化したようです。他に動物系の代表として、マムシなどのヘビ類です。

 

これも精力がつくとされて精力剤の成分の元となったのです。日本人は動物系の精力成分を求めました。どんなものが精がつくのかいろいろと食べては試してを繰り返していたようです。その後、トナカイの角やタツノオトシゴ、オットセイなども精力に良いことが分かってきました。

 

あと植物では中国の高麗人参やイモ類にも精力が上がることが分かりました。トロロ芋なども精がつくと言われて昔から食べられています。昔は今のように身体に何が良いのか分からなかったので、とにかく珍しい木の実などを山に入り食したようです。

 

全て自分の身体で試すしかなかったのです。そう考えると最初にフグを食べた人は勇気がいりますね。多くの人がフグの毒でも亡くなったようです。また人間の知恵でその毒を付けておくと半年後に毒が抜けて食べられるのを発見した人もすごなぁと感じています。

 

現代においては精力剤という便利なものがあり、インターネットで誰にも知られずに購入できますから非常に良い時代と感じています。

300種類から厳選した精力剤

WHITE BLUE
このサプリメントの飲用で、女の子も悶絶する!女性を絶頂させる、青と白のペニス覚醒サプリメント!! クリニックに行こうか迷っている・・・とにかく、コンプレックスを克服したいあなたに!!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!